医療法人社団 雅会 山本病院医療法人社団 雅会 山本病院

042-491-0706042-491-0706

採用情報

コメディカル部門紹介 

当院で診療部門と言われている部門です。放射線科、検査科、薬剤科、リハビリ科、栄養科です。なお、リハビリ科は現在、組織的には看護部門に所属していますが、ある程度独立して業務を行っています。

放射線科

放射線科では、X線撮影・CT撮影・透視検査などを行い、個人と地域に貢献しています。放射線技師は2名の体制で、患者さんの意見に耳に傾けながら、放射線の影響を最小限にするために注意を払いながら行っています。 X線CT撮影を遠隔読影により、放射線科医に依頼しており、精度の高い読影された方法です。

検査科

  • 臨床検査室では、「検体検査」と「生理機能検査」をおこなっています。検体 検査では、血液を機械で調べる生化学検査や、血液中や尿中の細胞を調べる検査などを行い、生理機能検査では、超音波検査、心電図検査、肺機能検査、血圧脈波検査など様々な検査をおこなっています。当院では、4名の臨床検査技師が業務をおこない、患者様の病気の早期診断・早期治療に貢献できるよう、検査結果を迅速・的確に医師に提出するように心がけています。



    (写真:検査科&放射線科)

薬剤科

  • 薬剤科は、薬剤師5名(常勤2名)と事務のパート1名で業務をおこなっています。外来調剤は、患者様がわざわざ調剤薬局に出向かなくてよいように、基本的に院内処方でおこなっています。ただし、ご希望があれば、あるいは当院に患者様が希望される薬が無い場合には、院外処方箋を発行しています。その薬剤情報の他にお薬手帳に処方内容を記載するか、印刷物をお渡しするサービスもおこなっています。リスク管理を徹底させ、患者様に信頼される薬局を目指しています。

リハビリ科

  • リハビリ科の仕事は、外来患者さんに対するものと入院患者さんが対するものがあります。外来では、整形外科医師の指示のもと、慢性疾患から骨折後の通院治療まで、種々の施術を実施しています。また、日昼来院出来ない方のために、夜間7時まで外来リハビリ(週3日のみ実施)を実施しています。和気あいあいとした雰囲気の中で、リラックスしてリハビリを受けられます。入院患者様に対しては、病室内、ベッドサイドにてリハビリを実施し、寝たきり予防、ADLの維持・向上を目指しています。

栄養科

食事は医療の重要な一部門であり、患者の病状、特性に応じた食事を提供することによって疾病の治癒あるいは病状の回復の促進を図ることが目的です。食事の内容、形態は個別に対応し、特に高齢者向けには軟菜を基本としたものを、細かく刻んだ食事や、咀嚼、嚥下能力の低い方用にミキサー食を用意し、喫食しやすい形態で提供しています。食事が入院中の楽しみとなるよう、味わいはもちろんのこと、盛りつけ時に色合いに気を遣い見た目でも楽しめるよう工夫しています。月に一度季節に合わせた食材を使用し行事食を提供しています。

病院事務部門紹介

事務部門は、医事課、事務室、施設科、医療相談室で構成されています。医療相談室は、組織的には医事課に属しますが、病院の一部門として独立して業務をおこなっています。

医事課

  • 医事課の仕事は大きく分けると医事事務と受付業務からなり、常勤7名、非常勤4名の体制でいつも明るい笑顔で患者様を迎えています。スタッフのチームワークはとてもよく、「報・連・相」を大切にして、親切丁寧な接遇を行うように心掛けています。

事務室

総務課、人事課、経理課、管理課、経営企画課など、病院の中枢を担う部門が集まっています。実際は裏方的な仕事がとても多いのですが、各自気概を持って日々業務に取り組んでいます。

施設課

施設課の仕事は、主に営繕、清掃、車の運転の3つです。職員は、パート・派遣も含め5名体制です。他の病院では外注に頼ることも多い職種ですが、当院では私達職員がしっかりと責任と誇りを持ってやっています。

医療相談室

  • 医療相談疾では、入退院の調整や転院相談、他の施設との連絡調整等をおこなっています。SMW3名の体制で、現在は女性だけの所帯です。患者様とご家族の方が、気軽に相談できる患者さんの窓口としての機能を何より重視しており、心理面から生活面、経済的な相談に至るまで、幅広い相談に応じています。

募集要項

現在募集はおこなっておりません。 今後の採用予定につきましては、当ウェブサイトでお知らせいたします。

先輩職員からのメッセージ

  • 医師との距離間が近い

    コメディカル部門M・Oさん (平成21年入職)
    一般的にドクターとの接点はあまりない事が多いのですが、この病院は普段から比較的接触が多いので、いざという時もコミュニケーションが取りやすいところがあるように感じています。セクションにもよりますが、全体的にそういうところがあるように思います。
  • 慣れると過ごしやすい

    事務部門J・Sさん (平成26年入職)
    最初のうちは、他部署の人たちとなかなか馴染めずに苦労しましたが、旅行とかに参加しているうちに、だんだん垣根がなくなってやりやすくなりました。元々そういう部署間の隔たりは少ない病院なのかと思います。
  • 仕事を任せてもらえる

    事務部門S・Tさん (平成25年入職)
    この病院に入ってよかったと感じるのは、比較的残業が少ないところと、入職後、面倒な研修とかがなく、最初からかなり仕事を任せてもらえた事です。人によって感じ方は様々と思いますが、即戦力として働きたいと思っている人には、よい環境かなと思います。
  • 昭和の香りがする病院

    事務部門H・Sさん (平成9年入職)
    患者さんから「何となく昭和の匂いを感じる病院ですね」みたいな事を言われたことがあります。長年内側にいると実感はないのですが、改めてそう言われると確かにそういうところがあるのかもしれません。そこが高齢の患者さんや年配の職員にはしっくりするところなのかもしれません。

よくあるご質問

その他の福利厚生について教えてください。
毎年1回、日帰りバス旅行を実施しています。忘年会の他、不定期ですが各部署をまたがっての懇親会などもおこなっています。また、福利厚生事業会社との提携により、旅行、娯楽、飲食、買い物などの優待制度を利用いただけます。
職員の年齢層はどのくらいですか?
現在は、30歳代〜50歳代が主力になっています。この年代の方は、経歴も豊富で、高齢者の患者様が多い当院ではとても相性がいいのですが、全体的なバランスを考えて、今後は若い人にも是非入ってきていただきたいと考えています。
院内や院外の研修は可能ですか?
可能です。病院としても積極的に参加するよう声かけをしています。院内はもちろん、院外の研修も随時参加していただいています。
有給休暇の消化率はどのくらいですか?
当院では、有給休暇は積極的に利用していただくよう指導しています。 平均値での把握はしておりませんが、消化率100%の人も多いです。
車通勤は可能ですか?
原則可能です。ただし、当院では近隣の駐車場を借り上げているため台数に限りがあり、空いていたらという条件付きになります。また正職員優先となります。もし入職時に空いていない場合、希望者には空き次第、優先的にお声かけさせていただいています。
慶弔休暇はありますか?
慶弔休暇制度があり、場合に応じて当院規定の休暇が付与されます。例えば、正職員の場合、本人の結婚では7日以内、父母や配偶者の死亡では7日以内、子供の結婚では2日以内という具合です。
介護休業・介護休暇はありますか?
要介護状態の家族を介護する必要がある場合、申し出により通算93日間の介護休業を取得することができます。身体的、精神的に2週間以上の期間にわたり常時介護をする状態にある父母、配偶者、子、配偶者の父母などが対象となります。介護休業期間中、給料は支給されませんが、国より介護休業給付金が支給されます。一方、介護休暇は、対象家族1人につき1年間5日まで無給で取得する事ができます。また、1日6時間の時短勤務の制度もあります
育児休業・育児休暇はありますか?
原則として子が1歳に達する日まで取得することができます。場合によっては1歳6ヶ月まで延長することができます。ただし入職後1年以上の職員に限ります。育児休業期間中、給料は支給されませんが、協会けんぽより、出産手当金・出産育児一時金が支給されます。それとは別に、看護休暇制度もあり、子一人につき1年間5日まで無給の休暇を取ることができます。また、1歳未満のお子様については、1日6時間の短時間勤務も可能です。
1ヶ月の残業時間はどのくらいですか?
部署によって多少違いはありますが、全体として残業は多くありません。病院としては、出来るだけ残業しなくてすむように業務改善を指導しています。

採用に関するお問い合わせ

Tel. 080-4179-9244

(人事課直通)